FC2ブログ
2013/11/30 此方
2013 / 11 / 30 ( Sat ) 09:18:52
もシンプルなヒューマンドラマ。オムニバス形式の連作5話ながら、僅かにEnsemble castの手法も取り入れられている。

ネット評はではまたしても年齢・性別による評価の差が激しいのだが、個人的には佳作かと。確かに5話連続で暗めのネタを見せつけられちゃうと気が滅入るのも判らなくはないが、コレはそれぞれの人生の中での落ち込みと立ち直りを切り取っただけなので、そんなに過剰に反応しなくてもいいのでは?と。ただ観る側の心理状況によって印象はかなり変わるかも。

話の出来不出来の差は大きくないが、ローズのエピソードが微笑ましいというべきか。Cameron Michelle Diazのコメディエンヌらしからぬ、シリアスな演技も見もの。香りってバカに出来ないよね〜。最後に話が大団円へ向かう演出も嫌いじゃない。都合3人の女性と絡んだウォルターの今後が気になる(笑)・・・。

Rodrigo García
「Things You Can Tell Just by Looking at Her」
でした。
Movie CM:0 admin page top↑
2013/11/29 恒例
2013 / 11 / 29 ( Fri ) 14:12:53
のお誘いセール。
_DSC5046.jpg
ハードシェルから入って、フリースへと徐々に内側へ進行してきたわけだが、今回はインナー&アクセサリー。見てくれ重視ならアウター命で良いのだが、現場は発熱、発汗、除湿のバランスが命。今までは綿パン&綿シャツでお瑣末極まりない感じだったので、いよいよこのへんも見当すべきかと。もう一つ、ここ10年以上不動のレギュラーで在り続けたいまやよれよれ&ホツレありなLATERRAのインナー上下と、FoxFireのタートルネックネックの代替も狙っていたのだが、相変わらずのWEBカタログチョイスでは届かずという感じ。ここはケチることなく店頭でじっくり見定めることが必要か、それとも今回のチョイスも含めて改めて手持ちの中からレイヤリング再構築か、検討は続く。
Goods CM:0 admin page top↑
2013/11/29 年末進行
2013 / 11 / 29 ( Fri ) 09:25:46
第一弾全て終了。これより昼は積ん読消化、夜はプレミアムシネマ消化の日々開始。

何せ出演陣は超大物二人、監督はドラマの名手。外れるわけがないと言いたいところだが、ネット評では世代によって評価がかなり別れる模様。ま、テーマがテーマだからな。こーゆーのがすんなり受け入れられるってことは、ワシも経験ありの四十路モン相応ってことかな。結局超大金持ちの資金使ってやりたいことやっているだけじゃん的な批判も判らなくはないし、ピラミッドの映像がややチープだったのは残念だが、行間に散りばめられた言葉をどう拾うかではなかろうか。絶対に泣かせる!って演出も見事にハマっていたように思うし(笑)。

ただ邦題はひねりがないなあ〜。

Robert "Rob" Reiner
「The Bucket List」
でした。
Movie CM:0 admin page top↑
2013/11/28 起きると
2013 / 11 / 28 ( Thu ) 07:49:42
一面の雪。今シーズン初かな。体が起きたら雪かき開始。

昨晩も在庫消化。制作サイド&広告サイドにそれなりの下心が有ったことは鑑賞後に知ったが、何分時代が違うので個人的にはあまり意味がなかった。まあ、内容は壮大な昼ドラと言うべきか、当時の貴族生活の結婚の実態に逆らった女の一代記と言うべきか。ネット上の映画評も映画の内容を評した以外にも、この時代の女性としてヒロインが取った行動の賛否を問うものが多かったので、やはり永遠のテーマなのかと。

それにしても簡単に米英(英米)と一括りにしてしまうが、映画の中で描かれるイギリス男性は鬱屈とした設定が多いように感じる。その制約から逃れたアメリカと比べると、階級制度の維持のためにあらゆる形で縛られるという意味では、ストレスの原因は違っても男も女もある程度の犠牲を強いられているということだろう(こんなこと書くとフェミニストに怒られるか)。

俳優陣は概ね好演。久々の熟女好きとして貫禄あるイギリスのおっかさんを演じたCharlotte Ramplingに一票。

Saul Dibb
「The Duchess」
でした。

雪掻き済んだら、健康診断(笑)。
Movie CM:0 admin page top↑
2013/11/27 そろそろ
2013 / 11 / 27 ( Wed ) 09:12:47
プレミアムシネマの在庫消化開始。

いくら10年前の作品とはいえ真田広之が24歳、鈴木京香が“おぼこ”っていうのは無理があるだろ(笑)。そうか、この作品の共演あたりから熱愛騒動の煙が立ち始めた訳だな。

正直、場面の繋ぎが悪く、退屈そのものであった。相変わらず本田博太郎は怪演だけど。

岡本喜八
「助太刀屋助六」
でした。


観始めた時点では1991年の作品だと思っていたのだが、あれっ?中井貴一が出てこない(爆)。慌ててiPadで確認すると、1963年版であった。古い映画には基本興味はないので消そうと思ったのだが、主役の大友柳太朗の佇まいに引きこまれてそのまま鑑賞開始。

何せ50年前の作品なので、出演陣がほとんど判らん。唯一判ったのは河原崎長一郎だけであった。とは言えすでに故人だが、この時24歳。ちょっと三枚目入っているが、ジャニーズかと見間違う美形だ。驚いた(笑)。それから調べると松原千明の父親とかも。松原千明って二世タレントだったのね。

古い邦画にありがちな演劇の様式を引きずった白白さは気になるが、様式美のようなものがあって中々目が離せない。エンディングのオチも特にないのだが、50年前の俳優陣というのを垣間見れたのは興味深かった。例えば嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、大橋時蔵、市川右太衛門辺りは名前ぐらいは知っているが、顔は見当もつかない。大友柳太朗は一時期彼らに匹敵する稼ぎ頭であったとWikipediaに書いてあったが(笑)、本作で初めて知った。従って今後の活躍イカンによっては木村拓哉も福山雅治を50年後の四十路にとっては「誰その人?」っていう可能性が十分あるのだなと。時の流れの重みをチト実感。

工藤栄一
「梟の城」
でした。
Movie CM:0 admin page top↑
2013/11/26 久々の
2013 / 11 / 26 ( Tue ) 20:47:28
長期休暇とは言え、バックアップ作業と年末進行でてんてこ舞い。

毎度の札幌市民四十路特典の健康診断と大腸がん検診の手配を済ませる。初の大腸がん検診だが、検査実施機関として冊子に掲載されていた最寄りの病院2つに断られ(怒)、駅前の専門機関を尋ねるも、市実施の無料診断はまるで病院には浸透しておらず、何度も遣り取り。タダより高いものは無いってかね。久々の歯医者通い(定期メンテね)も再開。今回は左上奥歯の磨きが甘いとのご指摘。すんません(汗)。

こちらも毎度の「The 2nd」修理。破損した左ミラーは2kでミラー部交換のみで済んだが、やはり吹っ飛んだガワがかっちょ悪い。補修案を検討中。水漏れ著しいフロントガラスはコーキングのやり直し予定だったのだが、業者が作業中にフロントガラスを割ってしまい、ガラスも新品に換装。良いんだか悪いんだか。貼り直したフィルムアンテナの見てくれは悪いが、テレビの写りに大きな問題はない模様。これで冬場の凄まじい室内結露&凍結が解消されるといいんだが。最後にフロントパイプ換装以降、峠の上りカーブで踏ん張れない三速改善案。ヤフオクでφ60mmの中古のサイクロン(なつかし〜)を落札し、フロントパイプの先端に詰め込む。排気をすんなり抜けさせず、サイクロンで邪魔することによって排気のタイムラグからトルクを上乗せするという目論見だったのだが、果たして如何に。

残念ながら街乗りでは三速のトルクアップは感じられなかったが、四速、五速では確実にトルクアップしている模様。燃費と併せて来週の遺産出撃で改めて検証予定。

今年の忙しさに併せるように、年賀状は昨年以上の手抜き(萎)。そろそろこのシリーズも限界か。って言うか、このシリーズが撃てないんじゃ年賀状を出すこと自体、そろそろ事業仕分けかも。


最後に初参加から通算14年目のあの辺の忘年会、思うところあって初めてヨタ噺で参戦決定。聞き流してもらえるか、罵声を浴びるか£opusznaでの発表よりキンチョーするわ(爆)。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2013/11/20 お休み優先
2013 / 11 / 20 ( Wed ) 15:47:28
で宅内LANシステムの再構築とか。なし崩し的に始めたDLNA導入だが、中々にオモロイ。も一つ宅内WiFiの速度が欲しい所だが、まギリギリ実用の範囲。

明日からの出撃に備えて給油に出かけたのだが、帰宅すると珍しいところから着信。NSBの大家からであった。ちょいとヤな予感・・・。果たして仮押さえてしておいた来春の別宅に、早くも別のラインから押さえが掛かったとの事(泣)。例年宴業務の掛りは年明け以降であり、来年は小休止の可能性が高い。いざという時は自主開催も検討はしていたのだが、如何せん早過ぎる。現時点ではお手上げなので予約を取り下げ、改めて2LDKを予約。とは言っても2LDKでは予算オーバーなので、これまた判断に迷う。

山場を過ぎたとはいえ今年(今年度ではない!)の仕事も終わらない内から来年の話。コレが仕事の話しなら兎も角、仕事が取れた場合の話っていうところが微妙・・・。

まあ、何かが繋がっていくというのは悪くないのかも。


っと、続いて実家方面から着信。年々ワシを差し置いて年末年始の日本酒セレクトに余念がないようで、ぬわんとこの辺の店頭から。今年は既に呑み過ぎの感有り故、忘年会シーズンも控えめに行くとするか。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2013/11/17 漸く
2013 / 11 / 17 ( Sun ) 15:23:54
山場2週間終了。ちかれた、ちかれた。
昨日は”ぼんず”のひみつきちに出向いてヨタ噺。なんかマニアックなものを買わされそうな方向に話が進みそうだが、値段が折り合えばオモロイことになるかも。

先週は働いて、コナツと遊んで、呑んで、はなぢブー!(疲れすぎ&呑み過ぎは鼻血を誘発し易いらしい/歳だ・・・)を繰り返す日々。全世界の三歳児のおとーさん、おかーさんバンザーイ!

今朝は洗車&衣替え。ベッドを畳んでロッド撤収。今年も釣りには1回しか行かなかった(泣)。替りにスノーシュー&ストック搬入。冬支度は着々と進むが、冬仕事あるかな(萎)。

先日買ったNASは有線LAN接続ながら異常に遅い。ルータが100BASEのようなので、ギガビットハブを注文。こんなことなら価格差を考慮してもAirMacTimeCapsule買うべきだったな(泣)。

御陰様で「The 2nd」の年間走行距離は初の4万km超&総走行距離は「The 1st」超。とは言え明日も修理絡みの相談へ。何時までお財布が持つか・・・。

今週はお休みベースで動く予定。とは言え恒例の遺産業務もあるけど。

そうそう、時節柄欠礼のお知らせが幾つか届いていた。ちょっと不謹慎な話かもしれないが、大往生の平均年齢は95歳超(n=4)であった。国家財政と社会保障の狭間で目を背けることの出来ない問題ではあるが、イチ生物として長寿はやはり素晴らしいことだと思う(勿論大変なこともいっぱいあるだろうけど)。

ゆるりとお休み下さいませ。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
* HOME *