FC2ブログ
2011/06/24 しかし
2011 / 06 / 24 ( Fri ) 13:16:46
雨は降るわ、寒いわ(今晩はとうとう4℃らしい・・・)、モノは狙い通りに出ない(初日は出たけど)わと、アタマが痛い。で、先日のトビもの撮影も去年に引き続き出来がイマイチ。悪い癖でやはりゴーヨンじゃなきゃダメだなとか思ったりもするのだが、機材変えても成果が出ないということは色々含めてやはりウデが悪いということに行き着く。さて色々検証開始。

去年は
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D+TC-17EⅡ+D2Hs+701RC2+G223

で、今年は
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D+TC-17EⅡ+D7000+DV8SB+GT5541LS

とかなりパワーアップしたつもりだったのだが、歩留まりはイマイチ。それどころか画素数1/4のD2Hsの方がブレに強いのか歩留まりは良い感じ。ブレに注目すると去年の方が三脚システムが小柄だったので、体全体で抑え込んだのが良かったのかも。更にAi AF-S Nikkor 300mm f/4Dの三脚座は評判が悪く、3rdパーティから別の三脚座が出ており長らくのその購入も考えてはいたのだが、結構良い値段なので躊躇したままずるずると・・・。で、改めてAi AF-S Nikkor 300mm f/4Dの三脚座について調べると一番簡単な対処法は三脚座と鏡筒の間に防振用の消しゴムを入れるとか。やはりこれは手短なところからやって行くしかないなと。

そういえば先月手持ちの機材でバカトライアルをしたことを思い出したので早速機材を取り出して再現。

P1040769.jpg

二点支持は悪くない感じだが、ボディ側ステーがこれ以上下がらないのでレンズ側が不自然に下がってしまう。これだとマウントにあらぬ負荷をかけてしまう。で、改善。

P1040772.jpg

三脚座にもう一枚クイックシューをかませて高さを稼ぐ。うん、悪くない・・・。ってこれ去年も試した気がする。なぜ駄目だったかと言うとD2Hsのボディは縦グリ一体の為、ボディ側ステーに干渉して付けることが出来なかったからだ。

それにしてもたかだかサンヨンの防振対策にしてはいささか大げさだろうか。これならゴーヨンも対応できる気がするぞ。しかし結果がすべて。次の撮影が愉しみ。しかしそれまでは仕事仕事。
Goods CM:0 admin page top↑
2011/06/22 シーズン
2011 / 06 / 22 ( Wed ) 21:32:54
初の夏日だと言うことで出撃。曇り模様でもう一つ光が足りないけど。

まあ千本位は居るかな。以下はその一部。
_7HW3920.jpg


時々飛び出しちゃって右往左往。
_7HW4045.jpg

D2HsからD7000にボディを変えた訳だが、正直画質に劇的な向上は無いね。いざという時の8.5コマ/秒とバッファ開放の早さ、機材としての完成度ではD2Hs、いざという時の動画撮影機能、先進性、機動性はD7000と言うところか。両方の良いとこどりのボディが有ればいいんだけど。しかし本体のSDカードスロットから取り込み時、BR9がハングアップするのはどうにかならんのか。32GBフルの取り込みだと偉く時間がかかるし。MBPのSDカードスロットはPCIex直結らしいので、速いんじゃなかろうか。我慢できるかなあ・・・。

撮影を終えて「The 2nd」に戻り、機材を仕舞い始めると「クワーッ、カッカッカツ!」と聞き覚えのある鳴き声が。鳴き声の聞こえた方向を見ると尾根上の枯死木の上に2つの塊が。はは~んと。ビデスコを取り出してみる。

最近は仕事でもパーチを見ることは殆どなかったのだが。
DSC00070.jpg
この時期この状況だと今年の営巣は放棄かな。


まだ望遠側には余裕はあるが、
DSC00090.jpg

デジタルエクステンダー領域まで行くとかなりボケボケ。本業でもないのに15年前にこれに取りつかれて散々散在した訳だが、まあこの辺で良かろうかと。

仕事的にはこれが正しい使い方だが、個人的にはこっちを極めようかと。

今日でも十分暑かったのだが、やはり潜る気にはもう一つ成れないなあ。
Labolog CM:0 admin page top↑
2011/06/17 溜まっていた
2011 / 06 / 17 ( Fri ) 19:20:11
デスクワークも概ね片付いたので、夕まづめにサンプリングに出撃。

あくまでサンプリングが主目的なので、釣れる川ではなく保有サンプルの少ない川へ。

橋の上から川を覗くとそれほど大きくないので、タックルはUltra Mag XL Plus&XTC557をチョイス。Ultra Mag XL Plusのシェイクダウン。正直ポイントはそれほどなく、初コンビの使い具合を確かめるのがメインとなってしまったが、キャストに関しては上々。倒木の間を良い感じに流れ込むポイントでヒット。ところが手元に寄せたところでバラす。サイズは40cm内外、体側に僅かに赤色が認められたので小型の♂か雑巾と思い、ダメ元で再キャスト。今度は向こう合わせでフッキング。あれま、masouなのであった。速やかに即リしたのだが、手元に寄せる際にUltra Mag XL Plusのドラグがゆるゆるだと気付いた。改めてドラグを締めて確認してみるが、どうにもダメ。あれま、こちらも掴まされたかな。

車に戻り次回以降はリールを変えようと5500C Silverをチェックしてみるがこちらもドラグゆるゆる・・・。少なくとも去年まではそんなことは無かったぞ。6500GRは先週素晴らしいドラグ性能を示したので問題ないと思うが、こりゃ、想定外。

帰宅後ググってみると、ドラグワッシャのヘタリとオイルの浸潤オーバーが問題らしいとのこと。それと初めて知ったのだが、保管時にはドラグは緩めておかないとすぐヘタるらしい。ザハトラーのスピードダイアルも保管時はフリーしておくように言われたし、当たり前と言えば当たり前か。いずれも25年前後前の個体なので、帰札後早速メンテに出す必要があるな。取り敢えず使用フィーリングは思っていた以上だったので、なんとか使い続けたい。

それにしても天気が今一つだなあ・・・。
Goods CM:0 admin page top↑
2011/06/16 取り敢えず
2011 / 06 / 16 ( Thu ) 21:05:05
1クール終了。諸事情考慮の上とはいえ、3勤2休はちょっと慣れんな。まずは読み通りなのだが、今後は早々に気温が上がってくれないと瞬く間にピンチ。毎度のことながらハラハラ、ドキドキ。

漸くBR9のACアダプター到着。たかだが4日間PCレス生活だったのだが、公私併せてかなりダメージを被る。一応iPodTouchは健在だったのだが、やはり両者の用途は明確に異なる。PC無しではやはりやって逝けんな。

まずはチョンボ続きの原状回復を急がねば。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2011/06/12 開戦
2011 / 06 / 12 ( Sun ) 21:22:54
前夜にて準備万端と言いたいところだが、2週間前から調子が思わしくなかったBR9のACアダプターがとうとう逝かれた模様。一応代替の発注は掛けたが、直ぐ届くワケでもなし。どうしたものか・・・。

まあ、何とかしますよ。
Goods CM:0 admin page top↑
2011/06/10 らいおん
2011 / 06 / 10 ( Fri ) 18:59:34
の全貌が見えてきた。購入以来3年半、OSのUPGはせず、HDDの換装&増強とメモリの増設ぐらいで十分快適に使えていた「おく太」だが、メモリ6GBでは「Fusion3」上の「MCE2005」がハングアップするので、メモリ8GBを追加予定であることは以前書いた。コスト面でまだ一寸ペンディングかなと考えているのはSSD。何れにしても「らいおん」の発売に合わせて財布の許す限りシステムの増強を図る予定だったのだが、驚いたのが「らいおん」の提供方法。なんと「Mac app store」のみになるという。ということはワシはまず「すのれぱ」のパッケージを購入せねばならないということだな。販売形態に関してもまたまたその豪快なレガシー斬りを梭子魚というわけだ。

更に同一アカウントであれば、何台のハードウェアにインストールしてもOKのこと。今までも事実上問題はなかったように思うが、5ライセンスのファミリーパックがあったりとか一寸迷いがあったようにも見えた。しかし今回のプライスは「すのれぱ」よりも更に安く、乱暴に言えばOSのUPGに関するコストはほぼ無いに等しい。実際流通コストもほぼゼロになるわけで、所謂メーカーと消費者の「うぃんうぃん」ということだろうか。

さするとその酷さが際立つのはWindowsOSの値段の高さとバリエーション、AdobeのアクティベーションとUPGの高額な料金だ。殿様商売に胡座をかきつづけると碌な事にならんと思うが。利益を上げるために違法コピーを根絶させるあの手この手を繰り出すのは常套手段ではあるが、料金や手続き面でのコストを正規ユーザーに押し付ける一方というのは納得がいかん。

せめて手持ちの複数ハードウェアでの利用が可能なアクティベーションは提供できないのだろうか。CS3持ちのワシは今までの法則に従うとCS6が出た時点でUPGは出来なくなるわけだな。正直ワシ程度だとPSなら4.0、イラレなら7.0もあれば十分だ。

・・・inDesignは新しいほど使いやすいけど。PageMaker懐かし・・・。
Goods CM:0 admin page top↑
2011/06/08 いざ
2011 / 06 / 08 ( Wed ) 21:18:10
決戦!と言うことで出撃。しかし予想通り穴ぼこだらけ。しかもいずれも微妙なサイズ。となれば手当たり次第掘るしかない。ま、掘っただけでは区別はつかないんだけど・・・。手足併せて50は掘りましたよ(泣)。

ほれっ!
P1040382.jpg

うーむ、微妙なサイズ。

それっ!
P1040398.jpg

これはちと小さいかな。

どりゃ!
P1040411.jpg

あれま、出ちゃってるわ。これも違う感じだわねえ~。

一部のポケットからはこんなのがうじゃうじゃ。
P1040397.jpg

ポケットの群集生態学と言うのもおもろいかも。

数は非常に少ないけど、
P1040422.jpg

かろうじて生きながらえているのか、宿主を変えているのか。

こちらは今がピーク。
P1040424.jpg

車のフロントガラスも大変なことに。

結局何の確証も得られず毎度の負け戦なのだが、可愛い盛りのこいつらが人目を気にせず無邪気に林道上で遊んでいるのを見ちゃうと、
_2HW6687.jpg

ついつい和んでシャッター切っちゃうよねえ~。
Labolog CM:0 admin page top↑
2011/06/07 折角
2011 / 06 / 07 ( Tue ) 21:31:33
anz社長から調査員急募!の連絡を頂いていたのに、携帯を書斎に置いたままリビングで「仙禽」ちびちび呑りながら「TVタックル」とか。気付いた時には時遅し・・・。フリーランス失格(泣)。

気を取り直して当初の予定通り出撃。夕立の予報もあったがそそくさと準備。まずはサンプリング。ここのところの釣り熱に再び火を付けた6500GRを、購入後半年経って漸くシェイクダウン。相棒は172MHPF。現在手持ちのタックルでは最強の組み合わせだ。

合流部の淵上の早瀬で小さな雑巾が掛かった。背掛けのスレだったが殆ど引かず。
P1040375.jpg

岩盤露出の流れの激しいポイントでちょっと暴れるまあまあの雑巾が掛かった。
P1040377.jpg

ML&8lbクラスなら十分スリリングに愉しめたのだろうが、こちとらMH&50lbなもんで面白くもへったくれもない。おまけにトレブルとはいえバーブレス。ラインのテンションを緩めることなく愉しむことなく、一気にごぼう抜き。変態バチバチロッドの名に相応しく、この程度のサイズでは全く問題にならないのであった。

正味3時間弱。息抜きバカンスの成果としては上々だが、サンプリングとしては成果なし。まあ別の意味で改めて困った川だなと。

バカンス&サンプリングはこれにて終了。明日からは本番。決着はつくのか・・・。
Labolog CM:0 admin page top↑
2011/06/06 当初は
2011 / 06 / 06 ( Mon ) 18:22:11
バス&地下鉄で出撃する予定だったのだが、バスを一本乗り過ごしたので洗車したばかりの「The 2nd」で出撃。

まずは予定通り「まるてぃんに」さんのところへ。1年振りってことはないと思うけど、それに近い感じ。向かいの駐車場にanz社長のDBA-CV5Wをハッケンしたのでちょっかいメールとか。打ち合わせ前のお忙しい時に失礼しました(汗)。ってワシも打ち合わせ前だったんですが。

それにしてもやはりsancochoは美味い。気温があと5℃高くて、仕事前じゃなかったら間違いなくビールをオーダーしていただろう。

少し早めに駐車場に車を入れたので先にDVDを返却。何時観るかは未定。まだ時間があったのと、雨が降ってきたのでこの辺で時間を潰す。

お祭り直前なのでこれといって見るべきものはないのだが、改めてMBA薄いなあ~。今となっては思ったよりiPadにも惹かれないし、こちら系の物欲はほぼ消滅して減価償却サイクルに則った購入に移行していくんだろうな。ホッとすると同時にちょっと寂しい気もするが。

「夏の宴」は相変わらず不確定要素満載だが、始まってしまえば勢いとカンで乗り切るしか無い。そこはフリーランスの腕の見せ所であろう。

その前に「春の宴」に決着をつけねば。


帰宅すると小遣い受給業務の助成金額確定通知書が来ていた。最早遠い記憶の彼方なんですけど。多分更に事業実績報告書確定通知書なんてモノも届きそうだ。それで全助成事業終了となるのだろう。諸事情によりこちら側の事業はこれからが本番なんだが。

以下過去三年間で小遣受給に際して作成した指定書式書類の総て。
P1040373.jpg

9cm幅のファイルに入りきっていない(萎)。あくまで指定書式書類の総てであって、この他に同じ位の厚さの自主提出書類があった。全くエコじゃねえ・・・。

も一つ学会誌も届いた。国際誌は読めないので(爆)そのまま書棚に放り込むだけなのだが、和文誌にオモロイのがあった。「調査報告」なので厳密には論文とは言えないのだが、こーゆーチカラ技ワシ好きよ(笑)。もう少し経緯を掘り下げて深く考察出来ていれば尚良だったんだが。原子力に限らず「研究」モドキが蛸壺化してワシのような素人に判りにくい現在、職業的にも基礎的な生物相報告はとても貴重。

少なくともウチの業界的には引用されまくりだろうな。発表できないけどワシもそーゆーのをメインにがむばっていきますよ。
Drink for the taste CM:0 admin page top↑
2011/06/05 漸く
2011 / 06 / 05 ( Sun ) 22:30:50
天気がそれらしくなってきたので、珍しくマスターオリンピックを駆って出撃。

14時丁度に「春ちゃん」着だったのだが、何故か暖簾を下ろすところ。15時終了と認識していたので「もうお終い?」と声をかけると、「14時LOです」と。で再確認してもらったところ、太打ち麺がぎりぎり1人前あるとのことで頼み込んで入店。タッチの差で入ってきた常連さんは蕎麦喰えず、なんか丼物でOKしていた(笑)。

太打ち麺というのは他の店でもあまり食べた記憶がないのだが、なかなかに豪快な感じで新鮮な味わいであった。恐らく後2回ほど通うと病みつきになるんじゃないかと予想。ま、アプローチが難しいのでそんなに通うことは出来ないんだが。

お勘定の後、しばしマスターと日本酒談義。腰が低くて人懐っこくてイケメンで年下というこの新鮮な関係をいい感じに保っていきたい。ワシもそーゆー年なんだねえ~。


で、それから一昨日のリベンジ。しかし週末故か、幾つかは貸出中になっており残念無念。ヒマを見て気長に通うしか無いな。

更に「夏の宴」用の部材購入。帰宅後早速取り付けを始めるが、アイデア失敗に気づく。このデジャブ感は去年もあったな。ま、致命的なミスではないので取り敢えず準備完了。

しかし久々に持ち出したマスターオリンピックだが、CレコのRDがフリクションだとまるでギアが入らず、坂道では自動変速(泣)。整備不良&設計ミスのダブルパンチとはいえ、まともに乗れる自転車とはとても言い難いな。やはりこれは「観賞用自転車」に認定。


明日はまるてぃんにさんのとろこへ出向くことを画策中。
Drink for the taste CM:0 admin page top↑
2011/06/03 約束の
2011 / 06 / 03 ( Fri ) 23:59:05
時間より少し早めに町に出て札幌旗艦店で物色。近隣店舗の旧作在庫は恐らくほぼ鑑賞し尽くしてしまった。そこで観たい作品の在庫検索をかけると、どれも旗艦店にのみ在庫がある感じ。で初めて来店。

週末の18時過ぎということもあって結構な賑わい。時間には余裕があるので邦画の棚を端から端までゆっくり眺める。予め検索でチェックをかけていたものや新たに発見したものあって5枚ほど手に取った。で、レジに並ぼうとしてふと気付いた。・・・会員証持ってくるの忘れた。orz。先日財布を変えた際前の財布と比べるとカードの収容が少ないので、一部カードは「The 2nd」のバイザーに移したのであった。レンタルショップは基本車で行くからという判断が裏目に出た(泣)。

泣く泣くすべての作品を棚に戻して店に向かう。10分前だったのだがフリーランス組は全員揃っていた。程なくお勤め組も到着。今回はこぢんまりとやったので、泥酔もせずのんびりとした時間が過ごせた。しかしワシが一寸席を外した際の会話がとてもスムーズ進んだとか庄ちゃんぬかしやがって、ソレってどーゆーこと?ま、名古屋暑いでしょうけどスワロ片手に頑張ってください。

お仕事の依頼雄町致しております(爆)。


一次会で散会となったので、一人二次会。10周年フェアの葉書が来ていたので、これは逝かねばとは思っていたのだがええ、正直この10年で今日が3回目。そもそも移転フェアの時には行けなかったので、旧店舗ビルの前でそうか移転したんだっけ?と気づく始末。

すぐに店には辿りつけたのだが、かなり広くなって雰囲気もかなりグレードアップ。カウンターも大半が女性陣でなんだかキラキラしている。ますます♂1匹で来る店じゃねーな(笑)。

1次会でコースを消化してきていたのだが、こちらの10周年フェア特別コースも魅力的なメニュー&プライス。腹具合的には問題がないのでかなり迷ったのだが、こちらをチョイスするとバス帰宅が不可能になりそうなので、泣く泣く断念。お約束で明日も来て下さいと言われちまったけど。

ウェルカムドリンクと而今と鳳凰美田に大吟醸酒米「山田錦」の握り寿司(時しらず・天使の海老・水ナス)でサクっと切り上げた。珍しい。で、終電&終バスですべりこみセーフ。うーむ、確かにあのコースは魅力的だ、旗艦店リベンジと合わせて明晩も行くべきかな。お勘定の際、仕事の話をしていたら黒一点?唯一の男性スタッフが知人の友人の息子だということが判明。なんとまあ世界の狭いことよ。

でお約束のノベルティ。芸が細かいなあ。
P1040365.jpg

P1040361.jpg


もう少し通おうと思いますので、今後とも末永く宜しく。
Drink for the taste CM:0 admin page top↑
2011/06/03 恒例の
2011 / 06 / 03 ( Fri ) 16:24:59
あの辺へ。

たかだか300m前後の距離でしか無いのだが、久々に全川踏査。・・・しかし増加中なのであった。orz。
P1040348.jpg

大杉なので今日中に総てに対処することは出来ず、今後の対応を思案中。増えて欲しいところはなかなか増えなくて、居なくなって欲しいところは増えていくという困った状況。連中はこちらの思惑など関係なく日々頑張って生きているだけなんだけどね。

閑話休題。ちょこっと情報提供したテル編集のムック本が届いた。
P1040370.jpg

それなりに知っているつもりだったけど世界にはどエライのがワンサカいるねえ。で、それを追いかける病気に取りつかれてしまった困った人達も(笑)。息抜きにこーゆー雑誌を眺めるのも悪くはない。今年はもう少し釣りに行こう。
Labolog CM:0 admin page top↑
2011/06/02 春の
2011 / 06 / 02 ( Thu ) 22:17:28
宴シーズンも終盤なので、カレンダーとにらめっこし乍ら個別撃破中。

今年辺りそろそろ来てもおかしくないので、念のため覗いてみることに。

まあ予想通りコトは起きていなかったのだが、再会率100%のitukiちゃんとご対面
P1040329.jpg

写真だと判りにくいが、微かにピンクに色付いて準備は整っている模様。男の子だったのね。後はこちらがその時を逃さぬよう、適切にモニタリングを継続することが肝要かと。

で、昨今話題爆発のあの辺へ遅ればせながら突撃。確かに今までの常識を覆すような状況ではあるが、観察の継続は常識返しの連続であり、如何に自分の限界を突破するかが問題。阿呆共は素人丸出しの痕跡を残していたりとげんなりする部分もあるが、こっちはこっちのスタンスで取り組むだけだ。それにしてもこの時期で未だあの流量とは恐れ入るな。

行ける範囲はどこまでもということで源流アタック。後もう少しというところでこの状態。

_7HW3224.jpg

スノーアタック出来ない積雪量ではないが、行ったところで得るものは何も無いので退却。それにしても中々に魅力的なルートで、むしろ夏より冬に来たい感じ。今シーズンは小遣い受給業務に縛られてほとんど身動きできなかったので、来シーズンは「俺の山」を初めとしてもう少し縄張りを増やしたい。


来週も出撃は続くよ。
Labolog CM:0 admin page top↑
2011/06/01 「ラヴ」
2011 / 06 / 01 ( Wed ) 21:45:56
と言えば「タンバリンズ!」と答えてしまうワシなのだが、最近はワシ溺愛の酒造好適米「愛山」を「ラヴ・マウンテン!」とベタに呼ぶ風潮が一部関係者の間で流行っている模様。

で頑張れ北関東・東北シリーズ
P1040340.jpg

栃木・仙禽の「ラヴ・マウンテン!」2本。渡り鳥生活では流石に一気に呑み干せないので、四合瓶が丁度良い。まだ木桶は開けていないが、両方とも諸事情により来週中にはカラにしなければならない。

序に某オーナー最近のお気に入りの酒造好適米ギャグを使った営業トークを。

「お仕事の依頼雄町致しております」
Drink for the taste CM:0 admin page top↑
* HOME *