FC2ブログ
2008/03/31 今日で
2008 / 03 / 31 ( Mon ) 22:44:13
2007年度も終了。って先週から2008年度業務開始に向けてドタバタしているのであまり年度末な気分にはならない。今日も南東方向へヒアリングに出かけたりして。ヒアリングはいいから早く発注金額確定してくれ。じゃなきゃ仕事やらんよ。

自宅を出るのが遅かったのでヒアリング後に立ち寄ろうか考えあぐねたのだが、胃袋がそれを許してくれそうになかったので遅刻覚悟で久々に北広島の「なかむら」へ。正直年に1回位しか寄れないのだが、年々師匠筋の「正直庵」から離れて個性を出し始めているような気がする。私も徐々に個性を・・・ええ、既に出し過ぎデスね。自重します。

ヒアリング終了後、なんとか今週中に漁岳に行けないかと思って下見に向かうが、厳しいね、こりゃ・・・。フリーランスなんだから、春山に登るくらいのスケジュールは確保しておきたかったなあ。ちくしょう・・・。見ておれ、今年はオンシーズンまっただ中に逃亡して、4代目たちとTDLの真ん前で江戸前のマハゼを釣りながら、ビーチパラソルの下でびいるをぐびぐび煽ってやるのだ!花火シーズンでもいいかな、行くぜ月島!

D100がどんな感じで治るのかリタイヤなのか分からんが、既に物欲警報発令中。なんせ仕事が長期にわたるので自営業者としてはリスク管理が重要な訳ですよ。ええ、アレ行きそうデスよ、アレ。しかし今月のギャラ入金までのタイムラグあるので悶々としとります。収まるに越したことはないんだけどね。

色々と準備が大変でホント貧乏暇なし。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2008/03/30 なんとか
2008 / 03 / 30 ( Sun ) 23:18:16
自宅ネットワーク問題解決。最近あまりに動作が重いTPを軽くしようと思って、ネット上のネタに従いコンパネのディープなところ弄くったのが原因。素人は余計なことをしないに限るね。

11枚DVDを編集・圧縮によって軽量化しようと目論んでいた作業がようやく再開。しかし編集しすぎて元ファイルを紛失し、またレンタルに走るといったチョンボ頻発。しかし「ぶーきゃん」上のDVDShrinkも異常に早い。TPだったらフル圧縮の編集アニメ2時間のエンコードには実時間の倍の4時間以上はかかったものだが、なんと「おく太」では「4分」で終るのだ。恐ろしい・・・。でこれをOSXに持ってきてHandBrakeでiPodHigh-rez変換かける訳だが、こちらも30分弱と実時間の1/4程度。一度だけG4で60分のDVテープをiSquintでH.264変換かけたことがあったが「3600分」とか表示されて、すぐ強制終了させた記憶がある。ああ、早くHDVワークフローの構築に取りかかりたいなあ。

昨日は亡き「NS-70」の代替を物色しに市内を徘徊したが、セミダブル7ftのベイトのバスロッドなんて札幌市内においてある訳がなく、難儀。ところが6ft弱のジギング用ベイトなんていうのが何故かおいてあり、バット的には十分メーターオーバーにも対応出来そうな訳だが、キャスティングの飛距離はまるで出そうにないし、アクションも殆ど不可能な感じ。それにしてもこの20年でリール共々ロッドも高くなったね。私がガキのころはFenwickのBORON-Xがハイエンドとして鎮座し、そこにPhenixのIM-6が殴り込みをかけてきたって感じ。それでも50k以下だったように思う。従って概ね25kも出せば相当良い竿が買えた。ところがネットで調べてみると未だ健在のFenwickのハイエンドは80k位するよ。南部百式とかってなんなんですか?あのころはお年玉と1年間の小遣いの総決算をかけて釣具屋に殴り込み、BORON-Xをもぎ取ってきたことを今でも鮮明に覚えているが、20年経っても社会の最底辺から抜け出せない身としては、ある意味あの当時よりも遥かに釣り竿なんぞにぶち込んでいる余裕はない訳で(泣)、お手頃なのはないかなあと思案所。

これは改めて帰省した際に探してみますか。

ちなみに「たんかんシャーベット」は今日時点で売り切れ。うがああああああ!!
Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/29 これまた
2008 / 03 / 29 ( Sat ) 23:03:09
先日のGoogleEarthの件だがとりあえず解決。というのも自宅に戻っても繋がらないのでこりゃPFWの件じゃないなと思いつつ、久々にIE経由でLiveOneCareを実行しようと思ったらIEがネットに繋がらない。で調べてみるとGoogleEarthがサーバーに接続するためにはIEがネットに繋がっていないとダメらしい(Win)。という訳でIEをネットに繋いでからGEを起動すると目出度く起動。一件落着。

と思ったらまたまた問題勃発。以前は問題なかった「おく太」と「TP」でのデータ交換。まず互いがネットに繋がっていればそれだけで10.5では新規フォルダで「TP」を認識してることが一目瞭然だったのだが、現在は見えず。また「TP」の方では「近くのコンピュータ」も「ネットワーク全体」もエラーメッセージが出て全く覗けない状態。さらに「TP」のネットへの接続も不安定で、現在確実なのはIPアドレスの自動取得。で繋がる時も「おく太」で確認するルーターのIPアドレスは192.168.1.1なのに「TP」で設定されていたのは192.168.0.1(デフォルトゲートウェイ)。マシンのIPアドレスも三つ目が0と1で違う。

今現在この辺の問題は未解決。便利になったんだか、不便になったんだかよくわからん・・・。

Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/28 先日
2008 / 03 / 28 ( Fri ) 21:56:41
シャッターユニットを交換してまだまだ働きますよ!なはずのD100がまたまた不調。バッテリーを入れてもうんともすんとも言わなくなった。バッテリーは3rdパーティなので文句は言えないんだが、シャッターユニット交換から調子が変なのでSSに持ち込み。でどうも本体にもバッテリーにも問題ありとのこと。シャッターユニット交換から時間が経っていないので技術料はなしの可能性が高いが、部品代で5k、純正バッテリー2個で1.4kと前回のシャッターユニット交換費用と併せるとD40に手が届くところに・・・。うむむ、発売当時から比べると随分下がったからいっちゃいますか、アレ。しかし肝心の後処理ワークフローがまるで出来ていないのよ。Pen3のTPじゃRAWファイルを扱うのは無理だろうしね。仕事用はjpeg撮って出しで、ここぞの一枚は帰宅後「おく太」で処理しますか。

というか今回の遠征は間1ヶ月挟むもののトータル2ヶ月缶詰なのよね。だもんで居候先に「おく太」を持ち込むかどうか思案中。空き時間でm2tファイルのH.264化も進めばいうことなし。しかしそうするとホントに引っ越し状態だなあ。

そうそうSSに行くためヨドバシの駐車場に車をとめた訳だが、珍しくなにも買わなかった(笑)。というか初めて見たZ7Jの実機に一目惚れしてしまい、他のものが目に入らない。Z1J(FX1)だって相当オーラあるけど、やっぱレンズ交換式って迫力あるよね。5年後位に中古で400k位になったら、少し考えてやっぱ買わないと妄想。

先ほど「おく太」のファームアップをした。体感速度が更に上がって某所ではスリープ問題解決!って盛り上がっているんだが、ウチじゃUSBハブが認識されなくなったのとキーボードの表示と実際表示される文字がちょっと違うという厄介な問題発生中。

・・・と言う訳で再起動します。

おやすみ~。
Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/27 で
2008 / 03 / 27 ( Thu ) 23:16:02
400km彼方に到着。色々と問題はあるが変則的ながら「宴2008」開宴!

下見の最中にデジカメの電池を替えに戻ったクライアントがなかなか戻ってこない。ようやく戻ってくると、HDJのリアゲートの開け方が判らなかったので後部座席から入って荷室のバッグにアプローチした際、天井に吊ってあるロッドに付けたルアーが背中に引っかかってしまい、外すのに時間が掛かってしまったとのこと。ルアーは外して後部座席にかけてあります、というので「いいですよ。すみませんでした。」と返事。

で車に戻ってみると

rod


・・・なんじゃこりやあ!嘘付くな嘘を。正直に言えっつうの!しかしまあ既に後の祭りだし、クライアントだから強くは言えないし・・・。

こうして今年20年目を迎える「Chiron NS-70」はその生涯を閉じたのだった。これで「昭和」からのロッドはFenwickのBORON-XのXTC-557(予備役)だけになってしまった。最近ろくにロッドを振らないとはいえ、やはり7フィート以上のベイトロッドは常備しておきたいね。

でその後、今春の居候先を決め込んでいる小僧1号宅を訪問。現場にはやや遠いが、現場との往復経路に温泉は2つあるし、十分広くて家賃は激安。近くにコンビニにもあるし、NSBも十分近いので生活は無問題。ワシが引越してきたいぐらい(笑)。ネットも開通しているので、早速自宅から持ってきたルーターを設定。これで複数台のPCの同時ネット利用が可能になった。素晴らしい!

しかしPFWが意地張っているのか、いくらあちこちを設定しなおしてもGoogleEarthのサーバーに繋がらない。これは痛い。引き続き対策を検討する予定。

来週後半には布団一式を含めてプチ家出を敢行予定。どうなることやら。
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2008/03/26 居候
2008 / 03 / 26 ( Wed ) 20:31:36
業務finished!

いやあ、週明けからはきつかった。生まれて初めて明らかに目の下に「隈」出来ています。イケてねえ・・・。
なのでゆっくり休みたいところなのだが、8時間後には我家を出撃して未契約綱渡り業務の下見と長期遠征故の居候先を見学に。

果たして2008年度は少し楽出来るのでしょうか?
我思故我書也 CM:0 admin page top↑
2008/03/23 ホントは
2008 / 03 / 23 ( Sun ) 21:46:04
毎春恒例の漁岳れっつごー!する予定だったのだが、相棒のユニークに昨晩放置プレイを喰らい「がりょう」で深酒、今朝は沈没。向こうも午前様だったようで、久々に来道したUスケ氏を道連れに札幌市内をぶらぶら。

まずはピカンティホライズンで昼飯、でデザートということで果林樹へ。ええ、仙丸じゃありません。ぢつは私あれ程仙丸に通っていながら果林樹初体験!女将さんにそのことを告げると「ある意味ショック」と言われしまった(汗)。ブログでチェックしていた「たんかんシャーベット」をリクエスト。旨いんですがな、これが。二日酔いの体にはてきめんに効いた。でこのメンバーならということでおきまりのこの辺を巡って北大へ。ロガーからデータの吸い出しをして学生たちと雑談してUスケ氏を札幌駅に送り届ける。ユニークのリクエストでそのまま秀岳荘白石へ。店内も春向けになっており、一通り物色した後そろそろ晩飯?ということでユニークの札幌での晩飯の定番、孔子飯店の「ヌンさんのタイカレー」を食して散会。昼も夜もカレー?という御批判は受け付けません。

三十路半ば独身男の休日の過ごし方としては限りなくだらしないなあ。居候先でのお仕事もいよいよ今週大団円。毎日通勤の地下鉄で見かけるかわいいあのコやこのコやそのコやどのコとももうお別れ(泣)。

閑話休題。先日出品した退役機材だが、とりあえず全て入札が入った。質問なんか来たりして結構楽しい。こんなどーでも良いような商品でも、結構アクセス数やウオッチリストへの登録があって驚く。出品者側に回って初めて分かったが、こりゃ確かに商売の概念を根底から変えるような仕組みだな。勿論トラブルは怖いけどリスクを伴わない行為はローリターンと相場が決まっているから、それを承知の上で初めてのコトに臨むのはワクワクする。必要なのは過分な利益ではなく愉しみなのだ。

今しばらくこの愉しみを味わうことにしますか。でも勿論ノートラブル希望。
我思故我書也 CM:2 admin page top↑
2008/03/20 連日の
2008 / 03 / 20 ( Thu ) 14:13:05
午前様。内業引退ロートルには堪える。しかしどうにもこういう仕事を引き当ててしまうらしい。

「MP610」のきびきびした動作にすっかり満足したので、調子に乗ってA4縁なしプリントを13枚ほど(爆)。仕上がり品質には期待していなかったのだが、やはりそれなり。しかし印刷速度及び静穏性はPSC2150を遥かに凌駕する。ますます好感度大なのだが、ここで落とし穴がひとつ。当然なんだろうけど、インクの減りが凄まじい。DVDのレーベル印刷100枚では黒カートリッジのメモリが1つも減らなかったので、安心していたのだがあまかった。現時点で4目盛り中イエローとマゼンダが2目盛り減、シアンが1目盛り減であった。ここぞの一枚は店に出した方が良いかな。

液晶画面上ではそれなりに見える写真も、プリントすると粗が出るモノが多い。「写真家」とはプリントしても鑑賞に堪えうる作品を撮るヒトではないかとしばし思案。

退役機材を出品中。金額には拘らないから、どうかすんなり落札されますように。・・・多分無理ですが。

書こう書こうと思っていていつも忘れていたのだが、「おく太」のデジタル出力はかなり音がいいように思う。G4のときはAudio-Output-USBを介してUSBポートからデジタル出力していた。これでもアナログ出力よりは明らかによかったのだが、さらに濁りが少なくなったような気がする。オーディオオタクとしては結構ポイントが高い。

マルチコア対応がなっていないアプリケーションの現状を先日嘆いたが、思わぬ高効率作業ソフト発見。その名は「HandBrake」。主にVOB→MP4への変換に使っているのだが、8コアの使用率が軒並み80%超、VOB1ファイル(約15分、1GB)のiPod High-Rez(H.264)への変換が3分前後で済んでしまう。ただし2パスにすると恐ろしく時間がかかるけど。同様の作業はiSquint、Toast8でもできるのだが、CPUの使用効率が段違いなため、作業時間が全然違う。ただしHandBrakeが惜しいのはバッチ処理に対応していないため、複数ファイルを変換する際はイチイチ手作業で変換ファイルを選択してやらなければならない。まあ、リネイムの問題等もあるし、なによりフリーソフトだから文句は言えませんが。

「おく太」の潜在能力の凄まじさを垣間みたような気がするがどうなんだろう。

仕事が落ち着いたらHDVアーカイブのワークフローを構築しようと思っていたのだが、なんだか春が異様に早くて「宴2008」も間もなく開幕の模様。

貧乏暇なし・・・。
Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/15 さて
2008 / 03 / 15 ( Sat ) 23:33:56
どうしたものかとムラムラしていたのだが、価格.comの書き込みを見て突撃。果たして噂通りであった。で結局購入。

我家の初代プリンターは2003年購入のHPのPSC2150。日本市場で2強相手に苦戦を強いられていたHPが活路を見出したのが複合機路線。PSC750のヒットを受け、満を持して投入したのがこのPSC2150だった。ちなみに「PSC」とはそのまんま「ぷりんた・すきゃな・こぴー」の略である。

もともと機能満載系が好きな私だが、本機を購入した理由はまず複合機として完成度が高かったこと、両面印刷が可能であったこと、トドメはOSXにいち早く対応していたことであった。逆に不満な点は、縁なしプリントに対応していない、フィルムスキャンが出来ない、CD/DVDレーベル印刷に対応していないことであった。

で4年半使った感想としては概ね満足。縁なしプリントもフィルムスキャンも絶対的には必要ではなかった。んじゃなんで買い替えたのかというと、残りのひとつCD/DVDレーベル印刷のニーズが高くなってきたこと、Leopaerd付属のドライバではスキャナに対応していないことが大きかった。

「焼き焼きDVD」も200枚近くになり、今後デジカメ、HDVバックアップに相応のDVDメディアを使用することを考えると、いつまでも手書きの水性ペンとうわけには行かんなということと、CD/DVD納品の際のラベルを考えるともうそろそろ導入していいのではとの思いに至った。ちなみにこのライブラリ管理に「Bento」を使いたいと考えていたのだが、昨晩アップルのサイトから申し込んだトライアル版使用開始の通知はまだこない・・・。

で値段を調べてみると、これが驚くほど安くなっているのである。インクジェットプリンターのビジネスモデルが「交換インク勝負!」なのは良く知られた話だが、それにしてもこの値段で良いのか?もはや画質や7色インクなどにこだわる気は毛頭ないので、複合機かつCD/DVDレーベル印刷ができて安いやつというのが今回の選定基準。こうなると対象機種はほぼ2つに絞られるのだが「PM-A840」はデザインが好きになれないので却下。とはいえこっちの方が概ね安いのだ。そこをぐっと我慢して「MP610」に決定。それでも「PSC2150」購入時の半額以下なのである。消費者としてはありがたいが、ワーキングプアとしてはこの破格値が「偽装請負」の元に成り立っているとするなら、偽善者ながら複雑な気分。

帰宅後早速CD/DVDレーベル印刷に挑戦。シンプルなテキスト印字だけだがかなり快適。明日中には全ての印刷が済むんじゃなかろうか。で、退役機材は今日届いた書類を手始めに勝負かけてみますか。

離札するODから機材の引き取り要請が。モノとしては欲しかったのでありがたく頂戴した(タダではない)。で邪ながら手持ちのバックカントリー用のスキー靴の取り付けが可能かあれこれ試してみたのだが、無理っぽい。一縷の望みを託して秀岳荘白石に向かうがここで不可能宣言。そうか、板の引き取り価格の3倍出して靴買わにゃならんか・・・ええ、今シーズンは無理です。

えてしてこんなもんだよ人生は。
Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/09 後始末は
2008 / 03 / 09 ( Sun ) 20:41:24
続くが、久々に穏やかな週末。おまけに急激に暖かくなって、2週間前の暴風雪が嘘のよう。確実に春に向かっていますなあ。

さて引き続き「おく太」セッティング。とりあえずRAW現像ソフトについては今回は見送り。まだ撮影シーズンじゃないことと、「Aperture2」、「Lightroom」共に結局馴染みませんでした。多分待っても無駄だけど「NX」がLeopardネイティブになって登場することを期待。とはいえNV6とNC4で馴染んだあのワークフローにならぶ環境を再構築するのは難しそうだなあ。

レタッチソフトは4/4の「Photoshop Elements 6」の発売まで待ち。多分買っちゃうでしょう。この話がなければ「Pixelmator」だったと思うけど、この辺はヘタレなもので寄らば大樹。うくくっ。

DTVはとりあえず「iMovieHD」だと思っていたのだが、ファイル管理が独自のプロジェクトファイルになってしまうので自由度が今イチ。しかもファイルサイズがでかすぎ。という訳でHDVネイティブのm2tファイルを扱いたくなるのは必然の流れなのだが、通常の選択肢としては「FCS2」になってしまう。買えませんがな、こんな高いソフト。で、調べればあるもので、「FireWireSDK26」に辿り着く。先日QuickTimeProのライセンスも購入したことだし。しかし先人たちは手練が多いのか「なにも考えずインストール」とか書いているのだが、私のような素人向けに書いておくと、これはフリーウェアとはいえAppleの「DeveloperConnection」なのである。なのでいきなりDLをクリックしてもAppleIDだの生年月日だのPasswordの入力を求められる。AppleIDは既に取得済みだが、ADCメンバーにもならなきゃならない。この私がADCメンバーですよ?笑ってしまいますがな。なんとかこの関門を突破したのだが、AppleID取得時の名前が日本語なので、英語のみのADCメンバー登録時の私のフルネームはの表示は当然ながら「?? ??」なのであった。とりあえずDTVは現在ここまで。

で本日は「GEO」が旧作レンタル80円。全部とは行かないが、ガンダムとジブリで計10枚拝借。GPSに並ぶWin環境の独壇場であった焼き焼き環境もMacでもなんとなる模様。しかし複数枚に渡るアニメの細かい編集(フレーム単位のトリミング)に関して「DVDShrink」に匹敵するものは今のところMacには無い模様(というか見つけきれていないだけかも)。

こればかりは当面「ぶーきゃん」でMCE2005立ち上げますか。

それと先日発売になったFileMakerの「Bento」。データベースソフトはOfficeのAccessも今イチ使いこなせなくて苦手意識が強いのだが、値段が手頃なので何はなくとも買って試してみたいと興味津々。ちょっと扱いたいデータベースもあるもんで、どんなもんでしょうかね。
Goods CM:0 admin page top↑
2008/03/07 茶番
2008 / 03 / 07 ( Fri ) 23:15:29
は終わった。精神的にはかなりタフな会合であったが、三時間余に及ぶその最後にようやく言質を引き出した。これがシナリオ通りの迫真の演技なのか、ぎりぎりの駆け引きの結果なのか真相は薮の中。ま、すったもんだありましたが関係者の皆様お疲れ様。くれぐれもこれが終わりでなく始まりであることをお忘れなきよう。

一応事務局代理という立場で出席したのだが、議事録用の筆記用具をいっさい用意しないという体たらく。一応手持ちの携帯電話についているICレコーダーが使えることを確認しておいたものの、その実用性に関しては半信半疑。で帰宅後、microSDから「おく太」にファイルを取り出すと、携帯でよく見る「.3G2」という拡張子付きのファイル発見。15.7MBであった。アイコンがQTになっており、ダブルクリックするとQTが立ち上がり再生開始。ノイズが酷いが、大きな声でしゃべっている人の声は十分テープ起こし対象になる。録再のMD持っていこうか、iPodのオプション買おうかと右往左往したが、最近の携帯は凄いねえ。明日はこれから議事録起こさないといかんかな。3時間分ですよ、ボランティアですよ・・・・。

とほっと一息ついたのも束の間。携帯でGmailを確認すると、ODが退社するとのこと。なんとかこの一年やっていたように見えたのだが、やはり一度環境を変えるべきなのだろう。

「おれは待ってるぜ」
Labolog CM:0 admin page top↑
2008/03/04 まだ
2008 / 03 / 04 ( Tue ) 22:36:55
未確認かつオフレコ情報なのだが、2/6に狼煙が上がって以来、我が団体を混乱と不安と猜疑心の渦に巻き込んだ盲腸問題が急転直下、決着したという話が先ほど飛び込んできた。

確かにきっかけの一つは我々の抵抗にあったといえるだろう。その抵抗に焦った盲腸は参加各団体への稚拙な個別撃破へ走った。しかしそんな行動で全面的な賛意を得ることなど出来る訳が無い。さらに焦った盲腸は、事務局をせっつくことになる。しかし事務局こそが最強硬派である以上、事態が動くはずも無い。しかし団体には様々思惑を持った人々が存在しており、日頃から事務局の行動を快く思わない一派が蠢き始める。

それ自体はどこにでもある話なので特段驚くことでもないのだが、驚いたのはその理由。彼奴らは自らの主張を通すことより、対峙する盲腸の顔色を伺うことが重要と声高に主張し始めたのだ。

そりゃ判らんでも無い。確かに盲腸は彼の地の最高権力機関に違いは無い。しかし我々は紛うコト無き清く正しく美しき納税者であって、彼奴らこそはその権利を代行するに過ぎない公僕なのだ。何故に我々が彼奴らの顔色など伺わねばならぬ?何故に彼奴らの現実を無視した無策を放置せねばならぬ?こんな腰巾着がゴロゴロいるから、彼の地はいつまでたっても中央の愚策に振り回され「試され」続ける日々から抜け出せないのだ。

事務局にも非が無い訳ではない。自らの忙しさにかまけ普段からのコミニュケーション不足、人から自分がどう見られているかに対する認識不足等、上げればきりがない。しかしここで重要なのはどちらが「王道」を歩いているかである。よりによって自ら主張すべき内容を無駄な足掻きと胸の奥に封印し、相手の顔色を伺うなど言語道断!とっとと土俵からから降りろ。

ところが盲腸にすり寄ることにしか自らの存在意義を見いだせぬ盲腸シンパに予期せぬ事態が。頼みの綱の盲腸自体が2/23の大荒れぶりに狼狽し、盲腸シンパの知らぬところで御用団体と名誉ある撤退のシナリオを描き始める。思った以上にこちらに歩み寄りをみせる御用団体を訝しみながら、盲腸シンパとの睨み合いから脱しきれず、こちらの疲労の度合いも増していくばかりであった。

で開戦よりほぼ一ヶ月、名誉ある撤退を演出するため、今まで二人三脚で歩いて生きた盲腸と御用団体は3/7に一時的に敵味方を演じることとなる。この筋書きを読み切れなんだとは、ワタシもまだまだ門前の小僧。しかもこの件の最重要被疑者は今も我関せずを貫いている。悪いやつ程よく眠るのだ。

どうせ撤退宣言したところで、また彼奴らはやってくる。やってこなくともこの騒動は確かに我々を蹂躙し、応分な備えが必要であるという教訓を我々に遺した。

次に打って出るべきを求められているのは我々の方なのだ。
Labolog CM:0 admin page top↑
2008/03/01 結局
2008 / 03 / 01 ( Sat ) 23:39:54
税務署の問い合わせはワタシの勘違いと、ヒトによってコロコロ変わる税務署の対応が原因だったと判明。ワタシが源泉徴収票を無くしたという事実もありませんでした。給与所得に振り分けられると思っていたものの大半が税務署の見解によると営業科目へ移動。すると何故か還付金がいきなり半額以下に。何故なんだあ!資金繰りに組み込んでいないとはいえ、密かな楽しみだったのにショック。ささやかな儲け話すらないなあ。それどころか今年度2度目の追加金融政策・・・
恥っ!

で、この週末は先日依頼のあったHDV書き出し。ようやくiMovie08が使えると楽しみにしていたのだが、今回みたいに多少のエフェクトはかけるものの基本的には撮って出しのDVD書き出しの場合は、噂通りiMovieHDの方が向いているみたい。

今まではTPでSouceNextのPowerDirectorでお茶を濁していたのだが、iMovieHDは評判通り、それっぽいDVDが作れるので中々楽しい。今はテキトーに作っているのだが、やはり構成をよく考えて作らないと出来てからがっくり。なんだかんだで結構時間はかかるからね。作業の体感速度は悪くないのだが、これも「おく太」だから爆速という訳では無い模様。G4ではまるで手が出ない作業環境なのでありがたいと思わねばならないが、「iStat menus」で見ても8コアフル稼働にはほど遠い。なぜソフトのマルチスレッド対応はこんなにも進まないんだろう。ハードウェアベンダーとソフトウェアベンダーの動きが噛み合っていないような。

しかし素材はいくらでもあるのでどんどんセンスを磨いていきたい。こちらは次の選択肢が事実上「FCE」しかないのであまり悩んでいない。それにしてもiMovieHDでのDTVは恐ろしくHDDを消費する。都合3時間のHDV素材を1時間のDVD三枚に書き出しているのだが、作業ファイルが軽く100GBを超えている。同時並行で何本かの作業をすると考えれば、iMacの標準搭載の250GBではDSLRのファイルと併せてもあっという間に一杯。AppleStoreでオプション選択しても1TBは高すぎるし、自分での交換はやや大変そう。ま、「おく太」を選択して正解と言う結論にしたいわけ(笑)。

一応年賀状作成時のPSDファイルは「Pixcelmator」で扱えた。しかし画像管理ソフトの「Bridge」がついている「Photoshop Elements 6」も魅力的。トライアル版出ないかなあ。

いままで我が家への最終バスは11:20だとばかり思っていたが、私が乗らない間に12:47と大幅に遅くなっており、地下鉄の最終接続もO.K.の模様。

ばりばり残業できるぢゃないですか!
Goods CM:0 admin page top↑
* HOME *